星北便り

不用品回収を依頼する上での注意事項

2020/06/28 UP未分類

札幌 不用品回収

今回は不用品回収をご依頼いただく上での注意事項をご紹介致します。

弊社は今までたくさんのご依頼をいただいております。
その中でいくつかの注意事項をご紹介致します。

1.電話でのお見積りとまったく違う物だった
これは100件中2~3件あります。
弊社の場合は基本的に「物量が多い場合」や「詳しいお荷物がわからない場合」に関しては、訪問でのお見積りをお勧めしております。
ですが、中には訪問でのお見積りは抵抗がある方などいらっしゃると思います。
その場合はお電話で詳しい寸法や形状をお聞きして、電話でお見積りを行います。
実際に作業日にお伺いすると・・・
聞いていた物量と全く違う!
ということがあります。

もちろん、聞いていた物量と全く違うため、料金も変動してしまいます。
料金が見積もりより高くなる場合もございます。
このようなトラブルを避けるためには、お客様ご自身で注意する点がございます。

注意する点
・訪問見積もりを依頼する
・訪問でのお見積りができない場合は詳しい寸法・形状を伝える
・曖昧な表現を伝えない

2.作業当日になって物が出ない
これも電話でのお見積りだと100件中1~2件あります。
大きい家具や家電などで稀にございます。
お電話でのお見積りの際に、運び出しについて必ず確認しております。
特に多いのが、お部屋の外までは出るが、階段が狭く通らないなどということがございます。
その場合は最悪運び出しが不可となってしまいます。

注意する点
・訪問でのお見積りをする
・できない場合は詳しい状況を伝える
・引越しをした場合はその際に運び入れた状況を伝える

3.回収後に依頼内容が違う
こちらは100件中5件程度あります。
不用品の回収時は見積もり書のリストを参考に作業員がお客様と作業前確認を行います。回収する物と残す物を明確にするために作業前確認を徹底しております。
作業後にも確認を行い、お客様と作業員で不備がないかというのを最後に確認し作業完了となります。
その後に、「〇〇回収忘れてます」や「〇〇間違って回収してないですか」というようなお問い合わせがあります。
不用品の回収後、処理場に向かうため不用品の回収後に返品というのは不可能なケースがほとんどです。
それを未然に防ぐために、お客様と作業前と作業後に確認を徹底しております。
確認を行ったとしても、このようなお問い合わせがあります。

注意する点
・作業前の確認時に細かく不用品の説明をする
・曖昧な内容を伝えない
・作業後に残す物の確認を行う

4.まとめ
上記で説明してきたものに関しては、確認を徹底すれば回避できることが多いです。
または、訪問でのお見積りをすることで回避できることもございます。
基本的にトラブルを回避するためには訪問でのお見積りと確認について注意すると良いでしょう。